多言語サイト構築

グローバル化に伴い高まる多言語化のニーズ

製造業に代表されるように、大企業に限らず中堅企業も含めて、国内企業の世界進出が本格化しています。
加えて、情報社会の発展がビジネスのグローバル化をさらに加速させていると言えるでしょう。

こうした動きに伴い、Webサイトの多言語化も進んでいます。しかし、ビジネスのスピードにWebサイトが追随できず、日本語ページの一部のみが英語に翻 訳されているだけ、といったサイトも多く見受けられます。中には、各国向けWebサイトの運営を現地スタッフに任せた結果、ブランドの統一感が失われてしまい、かえってイメージダウンにつながりかねないものまであります。

真のグローバル企業への脱皮を図るためには、海外の顧客や投資家への情報発信も重要であり、このままでよいはずがありません。

多言語化においては、主に次のような要件が求められます。

・英語に限らず複数言語での展開
・日本語ページに見劣りしないクオリティの確保
・デザインや表記の統一
・運用体制や役割分担の明確化
・登録や公開などに関するワークフローの定義

品質高いサイトづくりをお手伝いします

Webサイトの多言語化を進める場合、ついつい、一時的な流行やローカルな事象にとらわれてしまいがちです。
しかし、グローバルに通用するWebサイトを実現するためには、極力“普遍的であること”を目指すべきです。

顧客向けのシステム・SEO.com

バランスの取れた高品質なデザインを実現します

グローバルに通用するデザインにおいては、普遍的であることが重要とはいえ、古臭いようでは時代に受け入れられません。システム・SEO.comは、この絶妙なバラン スを考慮しつつ、ブランドの持つイメージを大事にした高品質なデザインを提案。必要に応じて、まったくイメージの異なる案を複数提案することも可能です。

画面仕様の設計は、システム・SEO.comのディレクターがお客様とのコミュニケーションをベースに、じっくりと時間をかけて行います。目的や認識を共有しながら、高い成長力を秘めたグローバルサイトへと仕上げていきます。